スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

二次救急病院へ

JUGEMテーマ:家族のこと

 

 

仕事から帰ってきた私を待っていた父が放った言葉は、

「一緒に○○病院へ来てくれないか」というものだった。

 

そこは二次救急病院で、最初に行った地域の病院から

すぐに指定病院での検査が必要と言われたようだった。

 

「うん、今日行かなくてもいいんだけど・・・」

 

この期に及んでそんな悠長なことを言っているなんてと、

父を叱責してしまったほどだ。

それでも腰が重く、身体が痛くて仕方ない父は、

病院へは行きたがらない。

タクシーを呼んでいこうと言っても聞く耳持たず。

最終的になんとか言い含め、

病院へ行くことになったが、自分でトラックを運転すると聞かなかった。

私が運転するのは、何としても避けたかったようだ。

こういうところが本当に頑固な人だと思う。

 

病院へ行ったら、連携がされていて、スムーズに検査する手はずが

整っていた。そして、初診だったが、診察券などの作成よりも、

検査の手順を伝えられた。

以前に通っていたことがあったから、そこから診察券番号や

カルテを呼び出しておいてくれたからかもしれない。

とにかく父は車いすにのり、診察室と検査室へ行くことになった。

 

触診では、最初の病院同様、腹部が固いと言われた。

これは通常の状態ではないという。

それから、レントゲンを撮りに行く。

ずっと痛みに耐えていた父。

母には合間に携帯で連絡し、病院へ向かってもらうように言った。

 

レントゲンの結果が出る頃、母が病院へ到着した。

そして、3人で診察室へ入った。

 

 

 

#2017年 #当時の記録 #記憶 #病気 

#検査 #二次救急病院 #腹部の痛み

#出来事 #西洋医療 #東洋医療 #代替医療  

#精神障害 #脳機能障害 #Nana

| my dad* | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

我慢の限界

JUGEMテーマ:家族のこと

 

 

腰の痛みは相変わらず続き、

それを抱えながらも仕事を続けている父。

痰の咳払いをしながら、思いっきり丸める背中。

身体をまっすぐにして歩けないのは本当に変だったが、

それでも病院での治療は特になかった。

ぽっこり出てるお腹も変わらないが、

溜息は増え、食欲は減る一方。

それでも体重は特に変化はなし。

 

定期通院している病院での検診が近づくと、

食事を減らしていた父だが、

そんなことをしなくても、食欲がない。

それでも気になって図る体重も変化はなし。

 

近所の接骨院、定期通院している病院から紹介された接骨院へ。

それでもお金のことを考えて、そんなに多くは通わなかったようだ。

元々歩くのがキライな父。

だからトラックでどこへでも出かけてた。

それでもどうしても自動車が止められない場所へは、

頑張って歩いていってた。

 

心筋梗塞になってから、息切れが強く脈も遅い父は、

歩くのがとても遅くなり、それが外見もあいまって年よりに見られていた。

それでも、どんなにかかっても自宅から徒歩10分以内の場所へ、

30分近くかけて歩いてきたことがあった。

心配で付き添った私も母も、さすがにこれは腰の痛みにしては

おかしいといい、いい加減別の病院へ行くようへ伝えた。

 

痛みで思うように動けなくなるまで、

内科へ行くことを渋っていた父が、

ようやくここで動いてくれたのだった。

 

 

 

#2017年 #当時の記録 #記憶 #病気 

#出来事 #西洋医療 #東洋医療 #代替医療  

#精神障害 #脳機能障害 #Nana

 

 

 

 

 

 

| my dad* | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

通院時の父

JUGEMテーマ:家族のこと

 

 

腰の痛みを軽減するために、接骨院へ通っていた。

その時は一時的に痛みはなくなっていたようだが、

すぐにまた痛みを訴える。

電気だったり、お風呂で温めたりと色々だった。

 

そんな父の様子を、私も母も不思議がっていた。

仕事が忙しくて腰が痛むなら話は分かるが、

ほとんど仕事がなく、自宅にいたのだ。

それで腰の痛みがますのは、

いくら寝相が悪いからといっても、さすがに違うと思う訳で。

それでも病院での検査は特に異常なし。

何がどうなっているのか分からないが、

毎月通っている病院からは、特に検査以上はない。

 

高血圧もあり、心筋梗塞を患った父は、

月に1度病院に通って言っていた。

定期検査に何もひっかからず、

病院からも何も言われない。

 

ここで一番厄介だったのは、

父は自分に何か異常があっても、

先生に「変わったことはないか?」と言われても、

「特にない」と答えてしまう。

口下手な人なので、説明が苦手なのだ。

だから、いつも病院では、主治医に

「大丈夫だよ」と答えていた。

 

それでも、内科で腰の痛みを訴えても、

きっとあまり意味がなかったかもしれないが・・

言っていたら、少しは変わっていたのかもしれない。

 

 

#2017年 #当時の記録 #記憶 #病気

#出来事 #西洋医療 #東洋医療 #代替医療  

#精神障害 #脳機能障害 #Nana

 

| my dad* | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) |

自分の最期

JUGEMテーマ:家族のこと

 

 

父の仕事はあったりなかったり、

いつもそんな感じなのだが、

いかんせん手抜きをしないから、

なかなか新規のお客様の依頼や、

以前のお客様からの依頼が来ない。

良いのか悪いのか分からないが、

営業がうまい人や、やり方がうまい人は

きっともっとたくさんいる。

でも、父はそういうのを嫌い、

強固なまでに頑丈に、何十年ももつようにと。

そういう仕事をしていた。

 

家にいる時間が長いと、食費を浮かせようと朝食を抜く。

けれど、お腹が減ると母が買っておくお菓子を食べる。

結局意味ないじゃんって思うのだが、

あの頃はそういうこともなく、

腰の痛みを訴えていて、

あちこちの病院へ行っていた。

 

普段は大食いなのに、食欲も減ってきている。

それでもお腹のでっぱりは無くならない。

本当に不思議な毎日を過ごしていた。

 

確実に病魔が身体を蝕んでいる。

けれども、昔から口癖のように言っていた。

 

もし、次に何か自分が病気になっても、

医者にはいかない。

早く死んだ方がマシだ。

 

次に病気になったらというのは、

一度50代の時に、心筋梗塞をわずらい、

危険な状態になったことがあった。

幸いにして、術後後遺症もなかったが、

よく何かの時には、自分の最期や死ぬ時のことは口にだしていた。

 

 

#2017年 #当時の記録 #記憶 #病気

#出来事 #西洋医療 #東洋医療 #代替医療  

#精神障害 #脳機能障害 #Nana

 

| my dad* | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) |

バランス

JUGEMテーマ:instagram

 

 

 

 

 

片方だけでは成り立たない。

時として、長所が短所になってしまうように、

短所だと思う部分が、長所になることも十分ある。

 

どっちも必要で、どちらも持ち合わせているのが人。

だから、ないものも、本当は持っているのかもしれない。

そして、あるものも、ない事もあるかもしれない。

 

大切なのは、両方を上手に持ち合わせる感覚。

中庸でいるって、とても難しいんですけどね・・・

 

 

#Nana

 

 

| instagram* | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

ぽっこりお腹と丸い背中

JUGEMテーマ:家族のこと

 

 

旅行から帰ってきて、

だんだんとえーちゃんの仕事が少なくなってきたこともあり、

家にいることが多くなってきた。

仕事がなくなると、食費を浮かせようとするために、

1食減らしたりする我が父。

そういう生活をしていると、

今までならぽっこりお腹が引っ込んできたのだが、

今回ばかりはなぜかそうはならなかった。

むしろ、あまり食べないのに、

なぜかお腹がでていたのが、不思議だった。

 

本人は不思議に思ってなかったようだが、

しーちゃんと私は、なんとなく違和感に感じていた。

それでも、そこまで気に留めてはいなかった。

 

仕事がなくなると、収入がなくなるのが自営業。

家にいるのも肩身が狭くなり、

私やしーちゃんのご機嫌伺いがあるのはいつものこと。

でも、今回はそういうこともなく、

なせか静かだったように感じる。

 

日頃も口数が多い方ではなかったが、

より少なくなり、今思えば何か自分で抱え込んでいたものがあったのかもしれない。

 

腰は相変わらず調子が悪く、痛がっていて、

丸い背中が、より丸くなって歩いていた。

頭も白く、実年齢より老けてみられていたのだが、

より老け込んだというのが、ぴったりだった。

 

 

 

#2017年 #当時の記録 #記憶 

#家族旅行 #親戚 #思い出

#出来事 #西洋医療 #東洋医療 #代替医療  

#精神障害 #脳機能障害 #Nana

 

| my dad* | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

楽しい時間

JUGEMテーマ:家族のこと

 

 

恒例の旅行は、1泊2日。

親戚一同そろうと、本当にすごい人数になる。

中には4世代集まるところもあるから、

祖母もとても喜んでくれる。

と言っても、その祖母も少しずつ痴呆症状がでてきているので、

話がちんぷんかんぷんになってしまうこともあるのだが、

私達は、祖母の誕生日がある季節に、

自然と集まるようになったのだ。

 

ひ孫を抱こうとする祖母。

一生懸命色々な話をする祖母。

耳がかなり遠いので、私達の話は、

正直ほとんど聞き取れていない。

でもそれでもみんなが集まればニコニコしている。

そこに、今年は父が来た。

祖母はとても喜んでくれた。

 

父は、幼い頃、突然母親(私にとって祖母)を亡くしたため、

しーちゃんの母には特別な思いがあった。

我が家は、父方も母方も早くに親が亡くなっていたため、

私が産まれた頃には、もうしーちゃんの母だけだった。

 

温泉へ行った後に、夜は盛大に宴会。

伯母と伯父はスーパーを営んでいたことがあり、

鮮魚も精肉も取り扱いも目利きも秀でているため、

どれもおいしい。

このみんなでの時間が本当に楽しい時間だった。

 

久々に見る顔、しーちゃんの兄姉妹弟はたくさんいるため、

全員は集まれなくても、幸せな時間だった。

Nana家にとって、年に1度の大切な行事の1つ。

 

この時、従弟がカメラマンとなり、たくさん写真や動画を撮影してくれた。

スマホとは違って、どれも本当にキレイに映っていた。

 

 

 

#2017年 #当時の記録 #記憶 

#家族旅行 #親戚 #思い出

#出来事 #西洋医療 #東洋医療 #代替医療  

#精神障害 #脳機能障害 #Nana

 

 

| family* | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

未来のミライ

JUGEMテーマ:映画

 

 

本編から話はずれますが、ちょっと前に観ました〜♪

想像していた話とは違っていて。

私はミライちゃんと旅をする話だと思っていたので。

そのミライちゃんの出番は少ないけど、

お兄ちゃんのくんちゃんが・・・

 

本当にリアル!

ああいう子供いる!

子育てママさん、きっと共感できると思います!!

うちの場合もこういうのある〜〜って感じで。

でもくんちゃんも、嫉妬されてたんですよね。

飼い犬に。

産まれるまでは、ペット様様だったのに、

赤ちゃんがきてからの待遇が・・

 

そういうの、私の周りでもあるあるです(笑)

それも仕方のないこと。

みんな順番なんだと思うので。

そうやって、自分も大切にされてきたんだなぁって思う作品でした。

 

夫役の星野源さん。

声といいなんといい、もうピッタリでした(笑)

そして絵が本当にキレイで、

アニメーションですが、実写を観ているような気になる感じで。

 

ポイントは庭にある大きな木ですね。

 

ご興味あれば、皆さんもぜひご覧ください♪

 

 

#Nana

評価:
細田守,高木正勝
バップ
¥ 3,661
(2019-01-23)
コメント:くんちゃんが繰り広げる冒険ファンタジー未来ちゃんはあまり登場しないような気がします

評価:
価格: ¥ 7,264
ショップ: 楽天ブックス
コメント:声の出演者が非常に豪華。絵がアニメーションではなくて、動画のようでした。

| movie* | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
ブクログ@Nana
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM